ロゴ

鍼灸で体のあらゆる不調を改善しよう!〜治療を受けるメリット〜

>レポート>鍼灸院の使い方を伝授します【効果と通う前の注意点】

鍼灸院の使い方を伝授します【効果と通う前の注意点】

本

改善できる症状とは?

横浜にはたくさんの鍼灸治療院があります。ただ、街中で治療院の看板を見かけても、1度も利用したことが無いという人も少なくありません。鍼灸は2000年以上も昔からある、伝統的な東洋医学の治療法です。改善出来る症状はたくさんありますが、代表的なものでは肩こりの治療や腰痛の治療など、主に痛みを解消するものでしょう。これはツボを刺激することで、患部の痛みを抑える効果があるためです。ただ、実際には痛みの軽減だけでなく、一部の病気を治す効果もあるもの。世界保健機関も効果については認めており、近年は西洋医学界からも注目されています。例えば自律神経の乱れによって起こる更年期障害の治療や、リウマチの治療など、慢性的な不調を治すとも言われています。治療後に眠気が起こるなどの副作用もあると言われているため、受ける頻度のコントロールも必要です。

手

施術を受けるときの注意点

鍼灸の治療を受ける場合は、高熱があるなど体調が極度に悪い時は避ける必要があります。食事は1時間以上前までに終えておけば問題ありませんが、アルコールが入っている場合は受けられません。治療後は倦怠感や眠気などが起こる場合もあるので、出来れば予定は入れず、ゆっくり休養出来るスケジュールにしておきましょう。横浜からあまりにも離れた場所から通う場合は、付き添いがいたほうが安心でしょう。服装は、患部の肌を出す必要があるので、脱ぎやすいゆとりのあるものを選ぶと良いでしょう。着替えなどは特に必要ないのが一般的です。鍼灸師は直接肌に触れながら治療を行いますので、不快な場合は申し出れば良いですが、予め認識はしておく必要があります。体に鍼を刺したり、熱を与えたりする治療ですから、不具合を感じたら我慢せずに申し出ることが大切です。